2019年11月07日

1テサロニケ4章7節

「神が私たちを召されたのは、汚れを行なわせるためではなく、聖潔を得させるためです」。

十字架の贖いは、罪を赦すためであって、罪を許可するためではありません。純白の布も、ひとたびついた小さな汚(よご)れを放置すると、やがて全体が薄汚れていきます。汚れに鈍感になるからです。罪は犯してしまうたびに、主に告白して始末しましょう。汚れではなく、聖潔を生活の土台にするのです。
posted by e-grape at 08:34| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする