2019年11月20日

1テサロニケ5章6節

「ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まして、慎み深くしていましょう」。

霊が眠っている人は、どんなに真理を聞き、どんなに主のざわを見ても,素通りさせてしまいます。一方、目覚めている人は、霊的洞察力を研ぎ澄まし、霊の働きに鋭く反応し、何をなすべきかを正しく判断します。目覚めているためには、毎日の御言葉の朗読と祈り、毎週の礼拝を誠実に反復することです。
posted by e-grape at 15:31| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする