2020年03月09日

IIテモテ2章13節a

「私たちは真実でなくても、彼は常に真実である」。

私たちは真実であろうとしても、真実たりえない弱さを抱えています。それでも、主の真実は不変です。主は私たちを見捨てず、惜しみなく恵みを注がれます。それゆえ私たちも、人の不真実を恨まず、その人に対する私たちの真実を示したいと思います。それは主の変わらぬ真実に、感謝を表すことになります。主の真実が私たちの真実を育てます。
posted by e-grape at 08:25| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする