2020年03月12日

IIテモテ2章19節b

「『主はご自分に属する者を知っておられる。』また、『主の御名を呼ぶ者は、だれでも不義を離れよ。』」。

主に属する者であることを自覚する人は、自分を甘やかしません。主の恵みの重さを知っているからこそ、人には慈しみ深く、自分には厳しいのです。恵みは罪を犯すための保証ではありません。逆に、悔い改めの勧めです。罪から離れた晴れやかな心に、主の新たな祝福が流れ込みます。
posted by e-grape at 09:49| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする