2020年05月06日

ピレモン12節

「そのオネシモをあなたのもとに送り返します。彼は私の心そのものです」。

パウロは、奴隷オネシモと奴隷主ピレモンを和解に導きます。彼らは今や主の同労者です。パウロはこうして、「私の心そのもの」と呼ぶ人たちの群れを作っていきます。ローマの奴隷制社会に、身分の壁を越えた神の国をもたらしたのです。「私の心そのもの」とは良い響きです。実は、私たちは「キリストの心そのもの」です。
posted by e-grape at 12:20| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする