2020年05月28日

ハバクク3章18節

「しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる」。

苦難の日々も、主によって喜び勇むことが、元気と力を回復させます。信仰とは、心だけの活動ではありません。心と体が一つになって躍動することです。心が主を喜べば体も軽くなり、今まであきらめていたことも、できるという信仰が湧いてきます。
posted by e-grape at 08:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする