2020年07月04日

ヘブル10章39節

「私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じていのちを保つ者です」。

政府の迫害下で地下に投獄されたルーマニアのある牧師は、聖書に出てくる「恐れるな」という言葉を数えながら、長い年月を耐え通しました。恐れにひるんで退けば、一時的な解放は得ても、いずれ後悔することになります。辛い日々も、一日一日を「恐れるな」で送ることができます。ただ主の憐れみに信頼することです。
posted by e-grape at 12:24| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする