2020年09月03日

創世記1章4節

「神は光を見て良しとされた。神は光と闇とを区別された」。

闇の中にいると、人は恐れを感じ、混乱を起こします。光に照らされると、平安が生まれ、心が整っていきます。光は闇に勝ちます。闇は光に打ち勝てません(ヨハネ1:5)。キリストは光として来られ、闇を駆逐して行かれます。光はいのちを育みます。その光に照らされれば、真と偽、聖と汚れ、価値と無価値がはっきり区別されます。
posted by e-grape at 07:29| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする