2020年11月13日

創世記7章16節

「それから、主は、彼のうしろの戸を閉ざされた」。

洪水の日を前にして、箱舟の戸を閉めたのはノアではなく、主です。救いのチャンスの日数が尽きたのです。人々には突然のことでした。私たちは今、恵みの時代にいます。でも、主の忍耐と寛容の時がいつまでも続くわけではありません。主が戸を閉じられる日が来ます。「主よ、主よ」と叫んでも、もう遅いのです。今日が悔い改めの日です。
posted by e-grape at 07:59| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする