2017年08月09日

ローマ7章15節

「私には、自分のしていることがわかりません。私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行っているからです」。

自分の望む善を行えず、憎む悪を行ってしまうという矛盾。「自分のしていることがわからない」。それが罪人の姿です。でも、神はそれをご存知の上で私たちを受け入れ、役に立つ者に変えてくださいます。ただ主の憐みを喜び、この恵みに立ち続けましょう。
posted by e-grape at 07:47| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする