2017年08月29日

詩篇39篇7節

「主よ。今、私は何を待ち望みましょう。私の望み、それはあなたです」。

主は、主を待ち望む者を恵もうと、待っておられます(イザ30:18)。主を待ち望むとは、主の教えを口ずさみ、賛美し、思い煩わずに祈ることです。御言葉を学ばないことは自分の知恵と力に頼ること、祈らないことは主の恵みは不要という意思表示です。しかし、主を待ち望む者は聖霊の力を受け、自分を超えることができます。
posted by e-grape at 07:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする