2017年10月10日

詩篇49篇10、11、12節

「彼は見る。知恵のある者たちが死に、愚か者もまぬけ者もひとしく滅び、自分の財産を他人に残すのを。彼らは、心の中で、彼らの家は永遠に続き、その住まいは代々にまで及ぶと思い、自分たちの土地に、自分たちの名をつける。しかし人は、その栄華のうちにとどまれない。人は滅びうせる獣に等しい」。

主との関係、そして主によって結ばれる人間関係だけが永続します。永続するものを第一優先にして暮らしましょう。
posted by e-grape at 16:39| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする