2017年10月13日

詩篇50篇21節

「こういうことをおまえはしてきたが、わたしは黙っていた。わたしがおまえと等しい者だとおまえは、思っていたのだ。わたしはおまえを責める。おまえの目の前でこれを並べ立てる」。

罪を犯し続けても主の裁きがないので、今回も大丈夫だと思ってはなりません。主の沈黙を恐れ、裁きの時が来る前に悔い改めましょう。主の沈黙は、主の豊かな忍耐と寛容の現われです。軽く見てはなりません。
posted by e-grape at 07:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする