2017年11月30日

ローマ12章19節

「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい」。

ニューギニアのある部族が、自分たちの家族を殺した部族に賠償を払った。それは敵対関係を断ち切り、平和を回復し、安心して暮らすための儀式である、と聞いて驚きました。復讐は復讐を生みます。復讐さえしなければ、争いは自ずから終息します。主の十字架を知る私たちも、復讐の連鎖を断ち切るために召されています。
posted by e-grape at 07:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする