2017年12月07日

詩篇67篇1節

「どうか、神が私たちを憐れみ、祝福し、み顔を私たちの上に照り輝かしてくださるように」。

それは人々が、私たちを通して主の道を知り、主をほめたたえるようになるためです(2〜4)。主の祝福や憐れみは、私たち個人の幸福のためだけに注がれるのではありません。私たちの上に輝いて、世界に広がっていくためです。小さな願いであっても、それが人々の祝福につながることを求めて祈りましょう。
posted by e-grape at 10:25| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする