2018年01月11日

ローマ15章2節

「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです」。

人の益を第一に考えて行動すれば、まず主があなたのことを喜んでくださいます。キリストもそうされたのです。具体的に、あの人の徳を高めにはどうすればいいか、主の希望をどう伝えるかと、会うに先だって考えておきましょう。人の益になれたとき、主からあなたに「おほめの言葉」が届きます。
posted by e-grape at 08:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする