2018年06月30日

Iコリント13章4節

「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません」。

寛容とは、人を赦すことです。「すべての苦しみの根源は/無条件に無制限に人を赦すという/その一念が消えうせたこと」(詩人八木重吉)。ならば、「すべての喜びの根源は、無条件に人を赦すこと」といえます。愛は人の幸いを妬まず、祝福します。自分中心に考えることを止めると、高慢にはなりえません。
posted by e-grape at 07:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする