2018年07月09日

Iコリント13章5、6節

「(愛は)礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます」。

愛は礼儀やルールを尊びます。人の立場や時間を大切にします。受けるより与えることを喜びます。感情に身を委ねず、いつまでも人の悪を覚えてはいません。自分の不利益になっても、神の義を優先させます。こうして愛はじんわりと、日常の暮らしに変革を起こしていきます。
posted by e-grape at 07:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする