2018年08月10日

Iコリント15章31節a

「私にとって、毎日が死の連続です」。

パウロは迫害や患難の中で、「生きることはキリスト、死ぬこともまた益」という境地に入り、主の戦いを戦い抜きました。毎日が死の連続でしたが、死んでも生きるという確信で戦ったのです。この境地に立てば、人の評価を恐れず、些細な出来事にも振り回されず、悠然としていられます。私たちは世に対しては死にました。そして、キリストと共に生きているのです。
posted by e-grape at 07:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする