2018年09月13日

詩篇143篇6、7節b

「あなたに向かって、私は手を差し伸べ、私のたましいは、かわききった地のように、あなたを慕います。セラ/主よ。早く私に答えてください。私の霊は滅びてしまいます」。

ダビデの逃げ回る日々は、果てしなく続く続くように見えます。闇に閉ざされ、魂は消え果てそうです。しかし、主を慕う心は変わりません。衰えた霊をもって、主に叫びます。ダビデの霊は主の恵みを良く吸収する霊です。
posted by e-grape at 07:07| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする