2018年11月09日

イザヤ9章2節

「闇の中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った」。

人生には闇に閉ざされるときがあり、死の陰に脅かされることがあります。しかし、大いなる光が昇ろうとしています。人には「一寸先は闇」でも、主には「一寸先は光」です。自分の不遇を恨み、人の幸福を妬むなら、主の光が輝く時を遅らせます。主を喜ぶ人は、光の兆しを見て行動を始めます。
posted by e-grape at 08:17| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする