2019年01月09日

イザヤ28章12節

「主は、彼らに『ここに憩いがある。疲れた者を憩わせよ。ここに休みがある』と仰せられたのに、彼らは聞こうとはしなかった」。

なぜ主が用意された安息をわざわざ捨てて、世の楽しみで心を満たそうとするのか。なぜ神の言葉から離れて、人の知恵に頼ろうとするのか。なぜ空しいとわかっていながら、心惹かれるのか。それが肉の体に巣食う罪の力です。真の憩いと休息は主にのみあるのです。
posted by e-grape at 07:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする