2019年05月28日

イザヤ57章15節b

「わたしは高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである」。

心打ち砕かれた人は、主にとって扱いやすく、生かしやすい人です。自分の弱さを自覚しているので、主に祈ります。祈らないのは高慢です。「神なしでやっていける」と思っているからです。主にとっても、へりくだった人は居心地がいいのです。
posted by e-grape at 07:58| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする