2019年07月24日

エレミヤ10章19節b

「まことに、これこそ私が、負わなければならない病だ」。

ユダの国が主に逆らい、裁きを受けて滅びます。エレミヤもその悲劇に巻き込まれます。自分のせいではないのに、背負わされる悲劇は、まさに病です。自分の力ではどうにもできません。しかし、エレミヤはその病を背負いながら、屈することなく、悔い改めと希望のメッセージを語ります。それが自分の使命だと悟れたら、耐えられます。
posted by e-grape at 09:07| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする