2020年02月15日

Iテモテ6章6、7節

「満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。衣食があれば、それで満足すべきです」。

所詮、私たちは裸で生まれ、裸で死ぬのです。謙虚になれば、受けている恵みの大きさがわかり、自ずから満ち足りることを学びます。満ち足りた心が自制心を培い、誘惑に屈しない強靭な人格に育てます。
posted by e-grape at 08:17| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする