2021年01月14日

創世記23章13節

「私は畑地の代価をお払いします。どうか私から受け取ってください。そうすれば、死んだ者をそこに葬ることができます」。

アブラハムは、ヘテ人が「ただで差し上げる」と言うマクペラの畑に大金を払いました。主からの恵みは感謝して受けますが、人からのものには適切な代価を支払うのです。やがてアブラハムの子孫が、マクペラを含む「約束の地」の全土を、主から受け取る日が来ます。
posted by e-grape at 08:30| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする