2021年03月22日

創世記41章52節

「また、二番目の子をエフライムと名づけた。『神が私の苦しみの地で私を実り多い者とされた』からである」。

祈って主から答えがなくても、あせらずに主の時を待ちます。主は共におられますから、自分で希望を放棄してはなりません。苦しみの時に誠実を養い、揺り動かされず、淡々と役割を果たし続けるなら、「実り多い者」となる日が来ます。その日、耐え抜いてよかったと、喜びが溢れます。
posted by e-grape at 08:11| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする