2017年12月18日

詩篇70篇5節

「私は、悩む者、貧しい者です。神よ。私のところに急いでください。あなたは私の助け、私を救う方。主よ。遅れないでください」。

主の助けを忍耐して待ち続けることと、「主よ、急いでください」と熱心に祈ることは、矛盾しません。いつまででも待てるという余裕が心にあるから、必死に祈れるのです。最終的には勝利があると知っているから、切実に祈ります。熱心さも、心の余裕も、主への信頼です。
posted by e-grape at 08:53| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ローマ13章14節

「主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません」。

「キリストを着る」とは、もはや私は私ではなく、キリストが私の人格になってくださることです。キリストを着れば、私の罪の醜い姿はほとんど隠れて見えなくなってしまいます。このキリストを着た私こそが私なのです。私はキリストと共に十字架につけられ、もはや生きているのは私ではなく、キリストとなります。
posted by e-grape at 07:48| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ローマ13章12節

「夜はふけて、昼が近づきました。私たちは闇のわざを打ち捨てて、光の武具を着けようではありませんか」。

闇のわざとは「遊興、酩酊、淫乱、好色、争い、妬み」です。心に闇を作り、闇の中で考えて行動すれば、必ず後悔します。自分はいま闇の中にいると感じたなら、心を光で照らし、光の中で考え直すことです。闇は光には勝てません。恐れ、妬み、怒り、敵意は、光の中で溶けていきます。
posted by e-grape at 08:20| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする