2019年11月18日

1テサロニケ5章3a、4節

「人々が『平和だ。安全だ』と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。・・・しかし、兄弟たち。あなたがたは暗闇の中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません」。

私たちは「光の子」です。闇の中にはいません。しかし、安穏を貪る世の風潮に流され、闇の中に片足を突っ込んで、危険な時間を過ごさないようにしましょう。
posted by e-grape at 09:52| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

エゼキ18章30b、31節a

「悔い改めて、あなたがたのすべての背きの罪を振り捨てよ。不義に引き込まれることがないようにせよ。あなたがたの犯したすべての背きの罪をあなたがたの中から放り出せ。こうして、新しい心と新しい霊を得よ」。

「わたしのまちがひだった/わたしのまちがひだった/こうして草にすわれば/それがわかる」(クリスチャン詩人八木重吉)。新しい心と霊を得ていれば、私たちにもそれがわかります。
posted by e-grape at 10:02| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

エゼキエル18章14節

「わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。(神である主の御告げ)彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか」。

神は悪者を裁かれます。しかし、悪者の魂が滅ぶことを喜ばれません。その悪者とは私たちのことでもあります。神は、私たちが態度を悔い改めて、「生きること」を願っておられるのです。神の願いを私たち自身の願いにしましょう。悪者を呪うことは、自分を呪うことです。
posted by e-grape at 11:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする