2020年05月19日

ヘブル1章5節b

「あなたは、わたしの子。きょう、わたしがあなたを生んだ」。

イエスは聖霊によって生まれた神の御子です。その方が私たちの内に生きておられます。「世に勝つ者だれか。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか」(Iヨハ5:5)。この信仰を飾り物にしてはなりません。信仰を働かせるなら、主ご自身が私たちの心の闇を打ち破ってくださいます。たとえ死に体であっても、よみがえります。
posted by e-grape at 08:29| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

ヘブル1章3節a

「御子は神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現われであり、その力あるみことばによって万物を保っておられます」。

主イエスは全能者なる神の本質そのものです。なのに、イエスの本質を見ず、自分の本質ばかりを見つめて悩んでいませんか。信仰とは、自分のありのままではなく、主イエスのありのままを受け入れることです。自分の視点ではなく、主の視点で自分を見、将来を見ることです。
posted by e-grape at 08:40| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

ミカ5章12、13節

「わたしはあなたの手から呪術師を断ち、占い師をあなたのところからなくする。わたしは、あなたのただ中から、刻んだ像と石の柱を断ち滅ぼす。あなたはもう、自分の手の造った物を拝まない」。

現代の「占い師」は「世の人の声」、「偶像」はお金や体裁です。お金や体裁自体は悪いわけではありません。しかし「悪くはない」ものが偶像化しやすいのです。最も良いものだけに仕えましょう。
posted by e-grape at 07:50| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

ミカ5章2節a

「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る」。

最も小さい町ベツレヘムが、救い主を世界に送り出しました。今も、年に一度は、世界中の耳目がこの町に集まります。主は、最も小さく注目されない所に恵みの泉を湧き出させ、世界に広げられるのです。自分の小ささを恐れてはなりません。
posted by e-grape at 09:49| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

ミカ4章7節 「主の民」

「わたしは足のなえた者を残りの者とし、遠くへ移された者を強い国民とする。主はシオンの山で、今よりとこしえまで、彼らの王となる」。

長く苦境が続いても、最後まで主に信頼する者は「残りの者」「強い国民」とされます。主はその人たちによって、ご自分の計画を実現されるのです。なので、失望する人と一緒に失望していてはなりません。どんな事態でも希望を見出すのが、主の民です。
posted by e-grape at 10:02| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする