2018年05月12日

詩篇108篇12節

「どうか敵から私たちを助けてください。まことに、人の救いは虚しいものです」。

敵とは罪と死の力です。罪に縛られた人間に、自分の力で自分を救出することは不可能です。自己救出、自己受容できるほど、罪の力は生易しくありません。人が考えつく救いの方法は虚しいのです。主の救い以外に真の解放はありません。自分で何とかしようとジタバタせず、落ち着いて主の愛と力を信じましょう。
posted by e-grape at 07:16| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

詩篇107篇35、36節b

「主は荒野を水のある沢に、砂漠の地を水の湧き上がる所に変え、そこに飢えた者を住まわせる」。

主から離れれば心の泉が枯れ、生活は荒野となります。しかし、それでも主はともにおられ、主の水脈は地下で流れています。私たちは世事で生活を忙しくし、自分で水源を塞ぐことがあります。もしそうなら、生活を単純にし、主と向かい合う時間を増やしませんか。泉から水が惜しみなく湧き出ます。
posted by e-grape at 08:16| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

詩篇107篇9節

「まことに主は渇いたたましいを満ち足らせ、飢えたたましいを良いもので満たされた」。

健康な胃袋は1食抜けば空腹を感じます。健康なたましいも、主を求めて渇きます。あなたは、たましいの飢え渇きに気付いておられますか。「日毎のパン」は、体にも心にも必要です。自動車のように燃料を満タンにすれば、数日はもつというわけにはいきません。「パン」は毎日、私たちの前に用意されています。
posted by e-grape at 07:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

詩篇106篇45節

「主は、彼らのために、ご自分の契約を思い起こし、豊かな恵みゆえに、彼らを憐まれた」。

私たちはキリストを信じることで新しい契約に入り、神の国(永遠のいのち)の祝福を保証されています。聖書を学ぶとは、主との契約内容を知ることでもあります。その内容を具体的に知らなければ、「契約を思い起こしてください」と主に嘆願することができません。主の方は、豊かな恵みを用意しておられます。
posted by e-grape at 11:06| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

詩篇105篇3節

「主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ」。

私たちは主の御名を誇りとします。主の十字架以外に誇りとするものはありません(ガラ6:14)。主に愛される自分を卑下することも、自分の何かを誇ることもありません。それゆえ傷つけられても傷つきません。失望することもありません。いつも喜び、主の御顔を慕い仰ぎます。
posted by e-grape at 07:43| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする