2019年06月06日

エペソ5章11節

「実を結ばない暗闇のわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい」。

人に誘われて、ずるずると闇に引き込まれてはいませんか。断り切れぬまま、実を結ばないことに手を貸してはいませんか。もしそうなら、クリスチャンの良心を明確にし、危うい活動や陰口仲間から離れるべきです。情に縛られて、ぐずぐずしていると、同じ闇の穴にはまります。キリストの御旗を立てましょう。
posted by e-grape at 07:10| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

エペソ5章8節

「あなたがたは以前は暗闇でしたが、今は、主にあって光となりました。光の子どもらしく歩みなさい」。

光の子とされたのですから、過去の闇の生活を恋い慕ってはなりません。ただ、光の子は自分で光っているのではなく、主の光を照り返しているだけです。そのことを忘れ、主から離れるなら陰ります。主の光にとどまり続けるなら、栄光から栄光へと主と同じ姿に変えられていきます(IIコリ3:18)。
posted by e-grape at 07:44| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

エペソ5章6節a

「空しいことばに、騙されてはいけません」。

人間の知恵は、結局は「空の空」です。体や心に一時的な力を与えてくれますが、たましいを生き返らす力はありません。不用意に信頼すると欺かれます。テレビやネットの宣伝に踊らされないようにしましょう。人の称賛も空しいものです。ほめられないと満足できない人間にはなってはなりません。すべての基準を創造主のことばにすえましょう。
posted by e-grape at 07:33| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

エペソ5章3節

「あなたがたの間では、聖徒にふさわしく、不品行も、どんな汚れも、また貪りも、口にすることさえいけません」。

日々、「汚れ」が目や耳から飛び込んできて、私たちの心に潜む欲望を触発しようとします。「淫らなことや、愚かな話や、下品な冗談」は避けましょう。私たちは聖霊の神殿です。いつも聖なること、建徳的なことを考えていれば、聖霊ご自身が、聖徒を建て上げてくださいます。
posted by e-grape at 08:30| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

イザヤ59章1節

「見よ。主の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない」。

声を大きくすれば、主の耳に届くはずだというのは、人間の側の理屈です。主は私たちのか細い声にも耳を傾け、救いの手を差し伸べてくださいます。大切なのは、へりくだりです。主の憐れみに対する感謝です。砕かれた心で主の恵みに対する信頼です。何が一番主に喜ばれることなのかを、常に考えましょう。
posted by e-grape at 07:44| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする