2020年02月07日

ホセア1章2節b

「行って、姦淫の女と姦淫の子らを引き取れ。この国は主に背を向け、淫行にふけっているからだ」。

主はホセアに、姦淫の女であるゴメルをめとれ、と命じられます。主にとって「姦淫の女」とは、主に背を向け異教の神々を拝むイスラエルのことです。ホセアは、主と同じ思いを味わうのです。しかし、主の過酷な命令には、「姦淫の女」への怒りとともに、狂おしいほどの愛がにじみ出ています。
posted by e-grape at 07:24| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

ダニエル12章13節

「あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。あなたは時の終わりに、あなたの割り当ての地に立つ」。

どんな困難にぶつかっても、人生に終止符を打ってはなりません。そんなことをしても、魂に安息は来ません。主が天に召される日まで、自分が受けている分を果たし続けるのです。それが安らぎの道です。この世の尺度で成功と失敗を量ってはなりません。主は私たちの涙と労苦に報いてくださいます。
posted by e-grape at 07:56| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

ダニエル12章3節

「賢明な者たちは大空の輝きのように輝き、多くの者を義に導いた者は、世々限りなく、星のようになる」。

「賢明な者」とは、世の知識人や学者のことではありません。神の国に入れられ、神の知恵と力を授かっている者のことです。どんなに世の知識があっても、人を義=救いに導くことはできません。しかし、神の知恵を持つ人は、世の知識が乏しくても、多くの人を永遠のいのちに導けるのです。
posted by e-grape at 14:10| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

ダニエル10章12節

「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ」。

へりくだりです、ダニエルの祈りが神に届くようになったのは。悟ろうとする謙虚さです、ダニエルが預言者になったのは。へりくだる心さえあれば、主に認められます。恐れが消え、大胆になれます。
posted by e-grape at 15:20| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

Iテモテ4章12節

「年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい」。

クリスチャンの成熟度は、年齢、学歴、知識、信仰年数などとは無関係です。品性は、祈りと御言葉で主と交わることで培われます。謙遜、誠実、寛容、柔和など、具体的に何か一つ、人の模範になることを目指し、心を尽くしてみませんか。
posted by e-grape at 08:50| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする