2019年09月28日

コロサイ3章12節

「神に選ばれた者、聖なる、愛されている者として、あなたがたは深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい」。

これらの性質や徳を身に着けるには、その機会を求めて実践してみることです。神に選ばれた愛される者には、そうすることができます。できないなどと思い込んではなりません。やってみれば、できます。ひとたびできれば、喜びになります。喜びになれば身に着きます。
posted by e-grape at 08:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

コロサイ3章9b、10節

「あなたがたは、古い人をその行いと一緒に脱ぎ捨てて、新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです」。

人は20歳で大人になるのではなく、大人の自覚を持ち、大人として生きて、大人になります。クリスチャンも「新しい人」の自覚を持ち、「新しい人」として生きて「新しい人」になります。もう「古い人」を演じてはなりません。
posted by e-grape at 08:31| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

コロサイ3章5節

「ですから、地上のからだの諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そして貪りを殺してしまいなさい。この貪りが、そのまま偶像礼拝なのです」。

貪欲を克服する道、それは主の恵みを信じることから始まります。信じれば、恵みの豊かさを体験するようになります。豊かさを知れば、感謝し、捧げるようになります。捧げる心の大きさがさらに恵みを広げます。貪りは自然となくなります。
posted by e-grape at 09:05| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

コロサイ3章2節

「あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい」。

地上のものに執着するなら、心は下向きになります。思い煩いから解放されません。さあ、天に向かって目を上げましょう。希望は天から来ます。神は「天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました」(エペ1:3)。頭を知識や理屈で埋め尽くすより、霊的祝福に思いを馳せることから、主の発想が導き出されます。
posted by e-grape at 07:37| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

コロサイ2章23節

「そのようなものは、人間の好き勝手な礼拝とか、謙遜とか、または、肉体の苦行などのゆえに賢いもののように見えますが、肉のほしいままな欲望に対しては、何の効き目もないのです」。

自己表現にすぎない礼拝、人に見てもらうための謙遜、自己満足のための断食や禁欲は、無意味で無力であり、疲労やストレスを溜めるだけです。主に喜ばれる礼拝、謙遜、勤勉は、私たちの生活を充実させます。
posted by e-grape at 08:14| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする